ちょっと待って!格安通販に潜むリスクに注意

EDという文字の画像

即効性で人気のバリフは、よく売れる商品なだけに偽物も出回っています。

特に、「格安」という言葉だけで商品をアピールしている場合は注意が必要。「できるだけ安く購入したい」という消費者の心理をついた、詐欺かもしれません。

通販は、誰でも簡単に利用できるので悪質な手口で詐欺を働く業者も潜んでいることがあります。

ここでは、悪質業者に騙されないために通販利用のリスクと対策について紹介します。

ED治療薬は偽物が多い?!偽造薬のリスク
バリフを含むED治療薬は、通販で出回っている偽造薬の量が多いようです。特にバリフは、人気商品にも関わらず在庫が少ないので偽造薬の数が増えている可能性が考えられます。

「偽造薬って正規品とどう違うの?」と思う人がいるかもしれません。偽物の薬は利益目的で作られているため、含まれている成分や製造過程が不明なのです。不衛生な環境で作られていたり、人体に害のある成分が入ったりしている場合もあるようです。

偽造薬を飲んで健康被害に遭うのは、避けたいもの。リスクを回避するには、しっかり対策を取りましょう。

偽サイトの見分け方
偽造薬を買わないようにするためには、偽サイトと信頼できるサイトを見分ける必要があります。

では偽サイトには、どのような特徴があるのでしょうか。見分けるコツをまとめたので、通販を利用する際に確認してみてください。
<偽サイトの特徴>
・商品が安すぎる
相場よりも極端に安い価格で販売されている場合は、偽造薬の可能性があります。治療薬を購入する前に、いくつかのサイトを見て相場の値段を確認しましょう。

・表示義務を果たしていない
通販サイトでは、特定商取引法に基づいた表示をするように義務付けられています。少なくとも、運営業者名や所在地、電話番号、代表者名の記載があるかどうかを確認し、それらの項目が1つでも欠けている場合は偽サイトを疑ってください。