バリフがなくなってもレビスマがあれば安心!

筋肉の画像

先発薬であるレビトラを製造しているバイエル社が訴訟を起こしたので、2017年2月からバリフは製造中止になっています。

高い即効性を誇っているだけに愛用者は多く、今後の動向に注目が集まっているようです。

「バリフがないと理想の勃起が得られない」と不安に感じる人がいるかもしれませんが、レビトラのジェネリックは他にもあるので大丈夫。レビトラと同じ有効成分を含むレビスマなら、同様の効果が得られます。

ここでは、即効性のあるED薬をお探しの方にレビトラのジェネリック・レビスマについて紹介します。

レビスマってどんな薬?
レビスマは、有効成分・バルデナフィルを含むED治療薬です。先発薬と同様に、服用すると最速15分で効果を発揮してくれます。

またアルコールや食事の影響を受けにくいと言われており、700kcalまでなら食後の服用が可能です。服用のタイミングを気にして神経質になる必要がないので、食事デートや旅行時の利用にも向いています。

<製造元>
レビスマは、インドのレクメズ社によって製造されています。レクメズ社は輸出国ごとに製品パッケージを変えており、日本人向けの商品は日本語で表記されているのが特徴。製造開発には日本人も関わっており、安全性において高水準を保っています。

値段は少しだけ高め
レビスマは、バリフと同様に海外通販で購入可能。バリフより少し価格が上がりますが、先発薬・レビトラと比べると低価格なんです。

<価格の比較>
レビスマ20mg × 4錠・・・¥1,800
バリフ20mg × 10錠・・・¥1,900
レビトラ20mg × 4錠・・・¥5,400

バリフは在庫数が少なくなっているので、今後の動向によってはいずれ買えなくなる可能性もゼロではありません。しかしバリフが入手できなくても、レビスマで代用すればED治療を続けられます。